記事/旅紀行に関する記事一覧
  • 【協会】旅のあれこれ『ボーイズ・イン・パブリックバス』
    ■ 旅、時々ユースホステル~旅やユースホステルに関するエッセイ~ 旅のあれこれ『ボーイズ・イン・パブリックバス』 旅は、未知との遭遇の連続であります。 文化・人種・歴史、そして人。 全く違うものと触れ、感じることが 旅の醍醐味であり、価値かと思います
  • 【協会】2017.2.11-12『京都わかもん会議2017』終了しました。
    2017年2月11日(土)~12日(日)『京都わかもん会議2017』終了しました。 2017年2月12日(日)京都新聞朝刊に掲載されました。 京都わかもん会議とは https://wakamon.l
  • 【協会】なぜ、ユースホステルが『旅』と『若者』にこだわって活動しているのか?
    なぜ、ユースホステルが『旅』と『若者』にこだわって活動しているのか? ユースホステルの活動理念  ルソーは著書「エミール」の中で次の事を語っています。「人間として正しい生き方を知るためには、まず自然と人間の関係を理解しなければならない」「本来人が獲
  • 【協会】旅のあれこれ『羅越国境物語』vol.3 編 ラオス入国編
    ■ 旅、時々ユースホステル~旅やユースホステルに関するエッセイ~ 旅のあれこれ『羅越国境物語』vol.3 ラオス入国編 ~前回のあらすじ~ ベトナム人にまんまと騙された僕とオージー三姉妹は 廃車に近い満員のバスに揺られ、満身創痍でラオス入国を果たしたのであ
  • 【協会】旅のあれこれ『羅越国境物語』vol.2 国境越え編
    ■ 旅、時々ユースホステル~旅やユースホステルに関するエッセイ~ 旅のあれこれ『羅越国境物語』vol.2 国境越え編 ~前回のあらすじ~ ベトナムからラオスの首都ヴィエンチャンを目指し、 寝台バスのチケットを購入した僕。 しかし、バス会社を信頼した事
  • 【協会】旅のあれこれ『羅越国境物語』vol.1
    ■ 旅、時々ユースホステル~旅やユースホステルに関するエッセイ~ 旅のあれこれ『羅越国境物語』vol.1 多分、僕は置き去りにされていました。 周りには日本語はおろか英語もロクにわからないであろう人々。 彼らが楽しそうに食事をとる姿が、 自分の身
  • 【宇多野YH】旅大学〜ドイツ観光を学ぶ1泊2日開催しました!
    “旅で世界を、もっと素敵に”をコンセプトとし、 多くの“旅”に関する事業を展開しているTABIPPO主催で 「旅大学〜ドイツ観光を学ぶ1泊2日」が先日10月29日~30日に 宇多野ユースホステルで開催されました。 詳しい報告はこちらからご覧くだ
  • 【協会】旅のあれこれ『ゴールド・エクスペリエンス・イン・ビルマ』
    ■ 旅、時々ユースホステル~旅やユースホステルに関するエッセイ~ 旅のあれこれ『ゴールド・エクスペリエンス・イン・ビルマ』 素晴らしい状態や富や栄光を表現するとき 「黄金」という言葉を世間ではよく使います。 無論、「黄金」とは純金のことを指すのですが、
  • 【協会】旅、時々ユースホステル『僕とオーストラリア』vol.2
    ■ 旅、時々ユースホステル~旅やユースホステルに関するエッセイ~ 僕とオーストラリア vol.2 2020年の東京オリンピックから スケートボードが新たに正式種目に選ばれたということで、 今回は私がオーストラリアで始めたスケートボードと、 スケートボ
  • 【協会】旅、時々ユースホステル『僕とオーストラリア』
    ■ 旅、時々ユースホステル~旅やユースホステルに関するエッセイ~ 僕とオーストラリア 今回でこのエッセイが掲載されるメールマガジンがなんと記念すべき100回目! そんな記念すべき場で書かせていただくことを光栄に思いながら 文字を打つ手は震えています。笑

▲上部へ戻る